知多西支部の理容組合加盟店は、賠償責任保険の加入により安心なサロンです

29年度理容ボランティアの日

平成29年9月11日、全理連の取り組みのひとつとして理容ボランティアということで、知多西支部は古タオルを集めて、各市の社会福祉協議会へ寄贈してきました。

 知多西支部理容ボランティアの日

全国理容連合会では、平成20年より9月の第2月曜日を「理容ボランティアの日」と制定し、全国一斉に理容ボランティア活動を行っています。
 この取り組みは、お年寄りに敬老の日(9月第3月曜)をさわやかな気分で迎えていただこうと、全国の理容師が老人保健施設などを中心に訪問(福祉)理容を行うことを基本に、さまざまなボランティア活動を一斉に行うというもので、この活動により全国にボランティア精神の輪を広げています。

わが知多西支部は、ここ数年、各店舗の古いタオルを集めて、東海市は社会福祉協議会、知多市は健康福祉部福祉課、常滑市は社会福祉協議会へ寄贈しています。そして、各老人福祉施設へ振り分けてもらえてます。

古タオル集め、そして箱詰め完了

当日は、朝から坂野支部長宅に集合し、集めたタオルの枚数を数え、各市への振り分け作業を行いました。

今年もたくさん集まり、

古タオル 774枚
刈り布とシャンプークロス 14枚
足拭き布 6枚
パジャマ 3枚
Tシャツ 18枚
タオルケット 3枚

となりました。

これから各市へ持っていきます

この後、段ボール箱に詰めて、持っていきました。

古タオルを寄贈しました

東海市社会福祉協議会さんよりお礼状いただきました

上の写真は、東海市の社会福祉協議会さんへ古タオル寄贈してる写真です。

他市もどうようにもっていきました。

毎年、支部のみなさん、古タオル集めに協力していただきありがとうございます。

そして、来年に向けて、古いタオルを取っておいてくださいね。^^

Free Joomla! template by Age Themes