知多西支部夜間講習R5.9

知多西支部講習小林講師

令和5年9月7日(木)東海市のオドックスハナイにて、小林慎也県本部講師をお招きして「基本カットラインからのスタイルチェンジ」をテーマで講習を開催いたしました。

今回は、ウィッグを使っての講習になります。
小林講師のあいさつで、
「この私の髪は、65才の母がカットパーマしてもらってる」と言われ、基本がしっかりしてるからとできることだとのことです。

小林講師と参加者
基本のブロッキングから

初めにブロッキングライン。名前の呼び方は昔と違うけどやってることは同じで、骨格を理解ししっかりブロックすることからです。

ツーブロックのカットから始まり、9ミリ6ミリ3ミリと使って行きます。ここでも基本のことを言われてました。
常に、基本に忠実に姿勢と髪の引き出しの角度を考え、ダウンステムアップステムと言われていました。小林講師は、トークもすばらしく、みなさんひきつけられていきます。

講習
講習ブロックライン確認
皆さん白熱。今日は理事長も参加
更に白熱

また、客単価アップの話や、店販の話をされこの理容の仕事の良さを語られていました。
さらに、いろんな学校でもお話されてるそうで、次の世代に向けてよい仕事よい技を見てもらい、理容のすばらしさを伝えていきたいと言われていました。

基本が大事

後半は、今回オドックスハナイから全国理容技術大会に出場する鈴木琢海君のデモンストレーションを行いました。今日の小林講師が鈴木君の技術指導を担当してるそうで、コンテスト技術の披露となりました。

全国大会出場鈴木くん
ガンバレ鈴木君~
そして小林講師の指導。

また花井教育部長からは「基本カットや姿勢の大切さを改めて感じました。
テクニックばかりに頼ったカットや自分の得意なカットラインばかりではなく、お客様が楽しめるカットラインやいつものカットに少しだけ変化を加えたデザインを提案していく事が新鮮で喜ばれる仕事だと感じました。とても重要な事だと感じました。」と言っていました。

鈴木君からは「後悔の残らない作品を作り上を目指し頑張りたいと思います。応援よろしくお願いします!」とのこと。がんばってくださいね。

参加された皆さんもあらためて基礎からの技術を使い、基本から工夫をして明日からの仕事に生かしましょう。

訪問福祉理容

訪問福祉理容
東海市、知多市、常滑市の方で
体調がよくなくお店まで来られない方
車椅子で来店が困難な方
寝たきりの方
病院や施設に入っていて動けない方
高齢者、体の不自由な方
などの方を対象に出張理容をしています。
訪問福祉理容をご希望の方はこちらからどうぞ